夏の終わりアトリエに響く音/なゆた+ぺぺ伊藤+zerokichi

 

9/5(水)
<夏の終わり アトリエに響く音>ぺぺなゆきち
伊藤ぺぺ(ギター)+ なゆた(ボーカル・ウクレレ・ギター)+ zerokichi(ウクレレ)
沢山のお客様に囲まれて、沖縄から3ヶ月おきの福岡へ来福LIVEツアー
来るたびに、ファンを増やしていってます。
続けて来てくださったお客様含め、なゆたさんの素直で真っ直ぐな唄 聴きに来てくださってありがとうございました。
真っ直ぐに届く彼女のメッセージと彼女の唄と彼女の奏でるギターとウクレレ、
それプラス、ペペさんの艶のあるギターの音と音の揺れ、ゆらぎ、
zerokichiさんのミニウクレレの中南米の楽器の音のような転がるような弾む音色と、
それらの弦楽器音が三重になると、又さらに心地の良い音のタペストリーになり
音の組み合わせでの、音の質感の変化を楽しませてくれました。
夏の終わり、まだまだ暑い夜で、冷房も中々思うように効かず皆様には申し訳なかったですが、
照明を落とし曲やウクレレ弦の音色で涼しく感じたり、
笑って、又演奏でホットになったりと、振り幅のある楽しく素敵なライブだったと思います。
又3人の組み合わせ 聴かせてください!
皆様、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
お客様も、3ヶ月後に?又お待ちしていますよー。
<おまけ> リハーサルの様子です
 展示作品は、2016年制作の日本画作品「琉瑠」(るる)/水の流れを色で抽象化した作品です。
 zerokichiさんのCD「light rain」のジャケットカバーでもおなじみですよね。
 その日のLIVEにぴったりでした。zerokichiさん、なゆたちゃん、作品の展示ありがとうございました。
*終了しました。
お待ちしております。
又違った組み合わせでのお楽しみです。
このフライヤーは、なゆたさんのイラストです〜。
皆それぞれ似てますねー
それぞれ可愛く描いてくれてありがとうー。

アトリエ穂音