イシイタカユキと田中充の ジャズ・ワークショップ&ライヴ「話すように演奏する」

ジャズ・ワークショップ&ライヴ「話すように演奏する」

沢山の参加者の方
ギタリストのイシイタカユキさんと、トランペット奏者の田中充さんのジャズ・ワークショップ
楽しかったです!
今日は、お二人のアドリブでの会話のような演奏も聴けて、なんと贅沢なひとときだったか。
その演奏によってジャズがどういうものであるのか説明してもらえる感じでもあります。
音楽大学の講義のようでもあり、そのくせ、たとえ話がおもしろくて、専門的であるのに尚かつわかりやすく
もっともっとジャズを知りたくなる、そんなワークショップでした。
又是非、続けてやって頂けたらば、とても素敵です。
時代時代でのジャズのスタイル変容も知りたいし、アレンジがどう変わっていくのかも聴いてみたいです。
楽器を持って参加された方達も実践で一緒に演奏されたのですが、それ自体も楽しく素敵でしたし
出来てしまうのが凄いなと感心してしまいました。
まず理屈を知ることは大事で、しかし理屈だけでなく、いかに落とし込んで自分らしく出しきれるのかが
大事であるのは、何の世界も、表現するという事、結局同じであるなと感慨深かったです。
楽器持参でなくとも、
いろんな視点でも受け取ることが出来、好奇心が満たされ楽しめました。
イシイタカユキさんと田中充さんの組み合わせも良くて(会話も演奏も)
十分にトランペットの魅力が出されていて、お二人ともさすがでした。
ジャズには、アドリブの演奏する上で何か約束事があるということはよく言われることですが、
今までフィーリングでしか聴いていなかった部分が大きかったことと
構築、構成がいかに難しいのか、奥の深さに納得。
イシイさん曰く、ジャズは緊張と緩和の音楽であり日常会話である、と。
なるほどー。「話すように演奏する」の言葉の真意がやっと理解できました。
そして、ジャズの楽器同士の掛け合いが、
いかにその場にいる人達の心浮き立たせるものであるかも、同時に凄く感じることが出来たのです。
*充さんの大学時代の後輩 荒牧さんと一緒に演奏
イシイさん、充さん、今日はお疲れ様でした。
とても楽しかったです!ありがとうございました!
zerokichiさん、ご協力をありがとうございましたー。

 

 

 

*終了しました。

 

{ジャズ・ワークショップ&ライヴ「話すように演奏する」}

5/8(火)アトリエ穂音にて、東京でのモダーン今夜と、福岡でのiimaのギタリストであります
イシイタカユキさんが東京でいつもやってるワークショップです。
いよいよ福岡では初めての開催!!
楽器をやってる方は楽器持参で、やってない方にはLIVEだけを聴きに。生での演奏をお届けします!
定員は20名程で締め切ります。
そろそろ定員になりますので、考えてる方はお急ぎくださいね〜。
イシイさんよりの詳細は下記↓
急遽開催決定!!
2015年より東京で開催してきました、ジャズ・ワークショップ「話すように演奏する」
ですが、5月8日(火)に初めて福岡で開催することになりました。

自分で言うのもなんですが、とてもおもしろい内容ですし
以前から「是非福岡でも!」とご要望いただいていたので、やっとの開催うれしいです。
今回重い腰を上げられたのは、なんとドリカムやスキマスイッチでもお馴染みの田中充くん(Tp)が来福のタイミングだったので、それなら模範演奏やライヴも合わせてできるな!と思ったわけです。
楽器奏者やそうでない方から質問があれば、奏法やジャズのこと、音楽現場のことなど、疑問にお答えしたりもいいかなと思ってます。

充くんはもちろんすばらしいミュージシャンだし、有名な音楽学校でも教えている先生でもあるので良いワークショップ&ライヴになることでしょう!

トランペット吹く方は是非楽器持参で!その他の楽器も歓迎です。...
もちろん音楽好きのリスナーの方々大歓迎ですので是非とも参加お願いします!


ジャズワークショップ「話すように演奏する」& ライヴ
(スペシャルゲスト:田中充)

▶︎2018年5月8日[火]
会場|アトリエ穂音(博多区上川端9-35 冷泉荘A31)
時間|開場19:00/開演19:30
料金|2500円(ドリンク付き)
出演|イシイタカユキ(ギター&トーク)/田中充(トランペット&模範演奏)

予約|下記メール窓口かFacebookイベントページから受付致します

<予約メール窓口>
ticket@tsumiki-code.com
件名を「5/8ジャズワークショップ」として
1,お名前 2,人数
3,ご連絡先(電話&メール)
を記入の上ご送信ください。
こちらから確認メールを送信させて頂きます。
なお、携帯で受信される方は、
PCメールが拒否設定されていないかご御確認ください。
Facebookイベントページからの参加表明も受け付けております!



▶︎ワークショップの内容(予定)
◎ジャズとは何か(ジャズっぽくならないのはなぜ?)
◎ジャズインプロ(アドリブ)のコツ
◎単語を学ぼう
◎会話に必要な4つの能力
◎「リンゴ」を言葉と音で表現する… など

▶︎ライヴ
ワークショップの合間や前後にギターとトランペットで演奏します。楽器持参の方は飛び入りOK!
講義内容を使った模範演奏もあります。

その他、難曲の分析方法や、テクニックなど、分からないことは是非この機会に質問してください。
参加者みなさんの活発な意見交換の場になればうれしいです。


………………………


田中充

京都府福知山市生まれ
幼いころから音楽好きの父の影響を受け、ピアノ、サックス、
トランペットで遊ぶ
1991年 群馬交響楽団、牧野徹氏に師事
1997年渡米、ボストンにあるバークリー音楽大学に入学、
タイガー大越氏に師事。音楽理論、作/編曲等について学
1999年に帰国後、自己のバンド「ミツルジルシ」を率いて
東京を中心に活動中
オリジナル曲を中心にした2枚のアルバム「ミツルジルシ
「空を弾む」が発売されている

また、スキマスイッチ、椎名林檎、槇原敬之、今井美樹、いきものがかり、DREAMS COMES TRUEをはじめ、様々なアーティストのライブ、レコーディングサポートメンバーとしても活動している




イシイタカユキ

ボストンのバークリー音楽大学、ニューイングランド音楽院にて、
Wayne Krantz、Maria Schneider、Bob Brookmeyer等に師事、Lage Lund、Jaleel Shaw、Lionel Louekeなどとセッションを重ねる。
帰国後は東京を中心に活動し、ポップスからクラシックまで、多数のレコーディング、ライヴに参加。
現在は、永山マキ×イシイタカユキの「iima(イーマ)」やバンド「モダーン今夜」のメンバー、サポートギタリストとしての活動と並行して、イシイジャズギター教室主宰、ジャズ・ワークショップ「話すように演奏する」主催、ATN(出版社)のスーパーヴァイザー兼、翻訳・監修者としても活動している。
福岡のLOVE FMにて「iimaな時間」のパーソナリティを担当し、東京と福岡を拠点に多くのアーティストとコラボしながら日々音楽制作を楽しんでいる。
http://www.iima-music.com/
2018年2月、iimaデビューアルバム『最終回のうた』リリース。

アトリエ穂音