10/7  秋の夜長、 アトリエに響く音/青谷明日香 + zerokichi / ゲスト・とんちピクルス
10/7土に行われた「アトリエに響く音」
たくさんのお客様に囲まれての演奏でした。

zerokichiさんの演奏から始まって、青谷明日香さんのキーボード弾き語りによる唄とメロディと詩

最後はゲストとんちピクルスさんのショー。

zerokichiさんの、心地よく落ち着く美しいウクレレの音色とリズム、

明日香さんの心地よく包まれる、待ちに待っていた心にじんと来る唄声とメロディと楽しい歌と詞、

そして、とんちさんのしんみりとくる曲のあとには、いつの間にか腹を抱えて笑える人形歌劇と歌謡ショー、

とにもかくにも、ライブで実際見てみないとわからない、それぞれの持ち味が放たれる三種三様の素晴らしいライブでした。

誰にも真似のできないそれぞれ3人のライブは魅力的です。

 

<★印の写真 ueda keisuke /使用させて頂きありがとうございました>

青谷明日香さんは、益々唄声と音楽に深みとまろやかさが増し、以前からそうですが歌詞が本当に素直に入ってきてじんときます。

誰もが持っているであろうほんの少しの孤独感や疎外感を唄にしつつも、清らかでクール、さらっとしていて明るく希望に満ちているのがよくて、いつも救われる気持ちになります。きっとそれは彼女の人柄なのだろうと思うのです。

声も素敵です、彼女は大好きな女性シンガーの一人です。

とんちピクルスさんは、何度聞いても笑えるし、何度見ても飽きない、まるで落語の域です。
そして癖になります。でも、しんみりする曲もすごく良いのです。
博多のうどんのように習慣になり、なんだか無性に聴きたくなります。
特に、笑いたい時と泣きたいときには、必須です。
zerokichiさんは、ウクレレでの曲というより弦楽器での曲、多様な音の質感を表現して、映画の中の音楽のようで日常の中のシーンを思い浮かべさせてくれるような、過去のいろいろなシーンがよみがえる、
「今」との距離感がまるでどこか日帰りの旅をしているような感じで、それがまた心地よいです。

 

そして早くまた福岡の博多川端にて、3種3様のライブを心待ちにしております。

お客様には、たくさんのご来場を、本当にありがとうございました。

 

 

*終了しました。

10/7(土) 又、青谷明日香さんが、東京よりやってきます!!

笑い、しらぬまに涙がにじみ、こころにしみる、そんな唄を弾き語り歌う、素敵な人です。
企画者オーガナイザーでもあり、イメージを沸かせる曲を奏でる、ウクレレ奏者zerokichiさんとのLIVE。
★ゲストにとんちピクルスさんを迎えて、やはりこの方も、笑い、そして涙がにじむ、
そんな楽しくて、心に残るLIVEになると思います。

■日時:2017年10月7日(土) 開場 19:00/開演 19:30

■会場:アトリエ穂音

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A31号)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

■料金:予約 2,500円/当日 3,000円 *共に1ドリンク付

【予約】

TEL:070-5534-1114(ヒサ)

E-Mail:info@yakuin-records.com

◎件名→10/7  ◎本文→名前、人数、連絡先

アトリエ穂音