マチルダ・マーチ 東へ西へどこへ行く福岡篇/  

7/15(土)

<マチルダマーチ、東へ西へどこに行く〜福岡篇>
マチルダマーチ/山田ヤーソ祐&寺前浩之/zerokichi
初めての九州ツアーに来られたお二人は、名古屋からマチルダマーチ(ボーカル・山口由貴/パーカッション・ハセタク)
東京からゲストに山田ソーヤ祐(七弦ギター)、寺前浩之(バンドリン)
七弦ギターとバンドリン(スペイン、ポルトガル発祥の南米の楽器)の音色
 パンディエロやカホンによるパーカッションと歌と、サンバのリズムは、音の層が厚く重なり
真夏の日射しを浴びるような音とリズムが駆けめぐるようなライブでした。
マチルダマーチお二人の、歌声とパーカッションでの息のあったコンビネーションに、
弦楽器の飛び跳ねるような音とリズムが、音の楽しさを倍増させ、心地よく贅沢な音のコラボでした。
浜辺で聴くと又よさそうですよね。
九州ツアー最終日は、
7/17(月)福津市の海沿いのランドシップカフェであるそうですので、是非!

zerokichiさんの演奏は、又昨夜の穂音でのライブとは、ちょっと味付けを変えてありました。
スピード感溢れる演奏はアンプを通していることもあって、エネルギッシュな響きになり
表現次第でウクレレも色々な音の表情があり、幅があるなと
改めて気付きます。
お客様も、リズムに乗り乗り、盛り上がり。
音の溢れる楽しいライブとなり、皆さんの演奏さすがです。
九州ツアー、良い旅となりますように。旅は続きますが、
とりあえず、お疲れ様でした!
御来場のお客様方、本当にありがとうございました。
※chieriちゃん、連日のお手伝いありがとうございました!

*終了しました。

名古屋から、九州へ初上陸ツアー 

山口由貴さん(歌)と、ハセタク(パーカッション/パンディロ)の2人組に、
ゲストに、7弦ギター奏者 山田やーそ祐さん と、バンドリン奏者 寺前浩之さん
を迎えての初福岡LIVEです!
サンバのリズムとメロディと歌との、新感覚アコースティックミュージック
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、テキスト

アトリエ穂音