最期のツアーLIVE シャカリーマン金太郎 + zerokichi
最期のツアーLIVE/シャカリーマン金太郎
最後、アンコールでの、シャカリーマンの曲とzerokichiさんの曲、それぞれを一緒に演奏するシーン。
3人での音色は、とても合っていました。
このライブを最期に、バンド名が「シャカリーマン」へと変わるそうです。
 

広島と東京から来られた「シャカリーマン金太郎」のお二人、
何故このバンド名になったかは、是非、次回質問してみてくださいね。
元々東京在住時にバンドを組んでいるアコーディオン原田忠さんと、コントラバス宮坂洋生さん
今は、広島(原田)と東京(宮坂)と、離れた地に住みながらの、LIVE活動
今回の福岡でのLIVEは、初めての場でした。
あいにく台風か来るかという日でしたが、ライブ常連のお客様が、来てくださって。
こういう日こそ、貴重なLIVEになるものです。
生音での演奏は、音の響きが良くて、とても素晴らしい時間でした。
ヨーロッパの東寄り、時々フランス、タンゴ、
哀愁漂う、なのに心浮き立つ、静かに燃える燐のような、そんな音の運び、
そしてコントラバスのリズムに思わずタップを踏みたくなる、
まるで映画の一場面を観ているような、そんな素敵な時間でした。
まずはzerokichiさんからはじまり
弦の振動にる複雑な音が、さらに美しいです
そして、シャカリーマンのお二人
叙情があり、色々な映画を思いだしていく感覚でした。
盛大な拍手、3人でのアンコールとなりました!
天候が不安な中を押して来てくださった、常連の音楽通のお客様方達。
ありがとうございます、沢山CDも売れていました。
*ライブが終わったあとのひととき
シャカリーマン・宮坂さんのコントラバスの先輩でもあり、
福岡で、ここ穂音でも、何度かライブをされている ボガルサの大君も聴きに来てくれました。
この場所で再会できて嬉しいです。
皆様、良い演奏ありがとうございました、お疲れ様でした!
音楽家でも画家でも、なんの道でも一緒ですね。

PS*チェリーちゃん、忙しい中をありがとう。

 

 

 

 

*終了しました。

東京からのお二人でアコーディオンとコントラバス、そして、ウクレレとのライブです。

楽しいライブになりそうです!
お待ちしています!

■日時:2016年10月4日(火)開場19:00/開演19:30

■会場:アトリエ穂音

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A31号)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

■料金:予約2,500円/当日3,000円 *1ドリンク付き

 

 

【予約・問】

TEL 070-5534-1114(ヒサ)

info@yakuin-records.com

件名を「10/4ライブ」とし、お名前、電話番号、ご予約人数を送信下さい。

 

 

 

[シャカリーマン金太郎]

アコーディオン原田忠とコントラバス宮坂洋生による2人バンド。

陰鬱で絶望的なヨーロピアンな楽曲を中心に様々な地域で控えめに活動。

MCはどんな会場でも宮坂洋生が肉声で一生懸命おこなっている。

アトリエ穂音